「おしゃれなソファが欲しい!」
「長く使えるソファが欲しい!」
そう思いソファ探しを始める人が最初にぶつかるのが、ソファの種類が多すぎるという問題です。

探し始めたのはいいものの、価格やデザイン、素材など、様々な種類のソファがあって、何を基準にしてどう選んでよいのか迷ってしまうのです。
選び方がわからないからと、ソファの購入を値段やデザインだけで安易に決めてしまうと、後々後悔することにもなりかねません。

「満足できるソファを見つけて欲しい!」というトワノス編集部メンバーが、ソファ購入で後悔したくないというあなたに代わり、ソファをリサーチ。

失敗しないソファの選び方をご紹介していくというこの企画。

前回は、ソファ生地の選び方をご紹介しましたが、今回はソファとしての座り心地に最も関わってくる部分、ソファの構造部について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ソファの座り心地はポケットコイルの種類で決まる!?

ソファの基本構造は、大きくわけると「生地」「木枠」「ウレタン」「バネ」という構造で成り立っています。
これらのうち、座り心地に大きく関わるものは「ウレタン」と「バネ」ですが、「ウレタン」については別の機会でご紹介するとして、今回は「バネ」の種類を取り上げていきましょう。

普通は見ることのないソファの内部ですが、実はこの内部の構造やそこで使われている素材がソファの品質を決めます。
座り心地というとウレタンの質ばかりが気になるかもしれませんが、本当に重要なのは「バネ」なんです。

クッション部分になる「ウレタン」を支える「バネ」には様々なタイプがあります。
一般的なソファに使用される「バネ」のタイプは4つあり、「ポケットコイル」タイプ、「コイルスプリング」タイプ、「Sバネ」タイプ、「布バネ」タイプと、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。
それではこれから、各タイプの「バネ」を詳しく紹介していきましょう。

ポケットコイル

ポケットコイルは、コイルが一つ一つ袋に入っているため、一つ一つのコイルが独立した動きができるのが特徴です。
ポケットコイルは、ベッドマットレスでもよく使われる構造ですが、独立したコイルが座る人の体を点で支えるため、よりフィットした感覚が得られます。
隣に座った人への振動が少なく、やわらかな弾力を出すことができます。
ポケットコイルが使用されるソファは比較的値段が高くなりがちですが、耐久性もあり、使用しているうちに発生するギシギシといったきしみ音もあまりありません。

コイルスプリング

螺旋状(らせんじょう)なったコイルが鉄線で連結されているタイプのコイルスプリングは、一つ一つが繋がっているためポケットコイルのような独立した動きはできません。
点ではなく面で支える構造なので、体へのフィット感は少なくなりますが、沈みすぎず底付き感がありません。
ソファの構造を支える木枠への局所的な負担も少なく、バネの耐久性もいいのが特徴です。
スプリングが螺旋状になるので、ボリュームのあるソファに多く使用されています。
耐久性は高いのですが、安価なソファでは経年によってコイル同士が擦れ、ギシギシというきしみ音が発生するものもあります。

Sバネ

Sバネというのは、鉄線をS字状に加工したもので、ソファだけでなくダイニングチェアなど椅子にも多く使われている構造です。
反発力が弱いため、弾力性も低く、フカフカのソファという感じは得られにくいタイプです。
構造状の特性で、中央は柔らかく、端の方が硬めの座り心地になります。
座面の厚みが薄いソファによく使われています。

布バネ(ウェービングベルト)

これまで鉄線が使われるバネのタイプを紹介してきましたが、布バネと呼ばれるタイプのバネもあります。
ウェービングベルトと呼ばれることもありますが、布バネは、糸が巻かれた細いゴムが交互に編み込んであるため、スプリングバネのような弾性が得られるという仕組みです。
布バネ(ウェービングベルト)の特徴は、軽くて音がしない、かさばらない、安価に作れるという点で、低価格のソファに多く使われている構造です。
布バネにも様々な種類があり、使用される素材によっては耐久性や弾力性に優れたタイプの布バネもあります。
リーズナブルなソファばかりに使われるのかというとそうでもなく、上質な布バネを使用している高級ソファもあります。

スポンサーリンク

さいごに

ソファを選ぶ上では、やはりソファの座り心地は無視できませんよね。
座った瞬間はよくても、使っているうちにギシギシと音がしてきたり、弾みすぎてフィットしなかったりと、問題が浮上してくることもあります。
それぞれのバネには特徴があり、経年によって起こる変化もそれぞれ異なります。
自分の座り心地の好みや、どのくらいの頻度でソファを使用するかなどを踏まえ、自分にぴったりな構造はどれか考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事