一般的なソファの中でも、背もたれが高く作られているタイプのソファを「ハイバックソファ」といいます。
通常のソファは背もたれ80cmくらいの高さが一般的ですが、ハイバックソファになると90cm〜100cmくらいまで高くなるため、首や頭まで支えてほしいという方にはピッタリです。
首まで支えてくれるなら、ハイバックソファの方がいいのでは?
と思われる方もいるかもしれませんが、ハイバックソファには背もたれが高い分、欠点もあります。
そこで今回は、ハイバックソファってどうなの?
と迷われている方のために、ハイバックソファのメリットやデメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

ハイバックソファ選ぶメリットとは?

ハイバックソファのメリットは、大きく2つあります。
1つ目は「頭や首が疲れないこと」です。
一般的なソファでは、肩の少し上くらいの位置に背もたれの上部がきます。
そのため、首や頭はソファにもたれることができず、結局自分の体で頭や首を支えることになります。
長時間ソファに座っていると、首に疲労がたまってしまうのは、そのせいです。
その点ハイバックソファは、頭や首まできちんと支えてくれるので、頭の重みをすべてソファに預けることができ、十分にリラックスできます。

ハイバックチェアの2つ目のメリットは「部屋の間仕切り代わりになる」ことです。
ハイバックチェアは背もたれの上部までの高さが90cm〜100cmほどありますから、間仕切り代わりとして空間を仕切ることもできます。
ダイニングとリビングが一つの空間になっている場合など、ハイバックソファを置くだけで空間が2つにわかれます。
あまり広くないアパートやマンションの間仕切りに使うなら、ハイバックソファは優秀です。
間仕切りにも使おうと考えるなら、後ろ姿も美しいデザインのハイバックソファを選ぶといいですよ。

スポンサーリンク

ハイバックソファのデメリットとは?

ハイバックソファの2つのメリットをご紹介しましたが、反対にデメリットについてもご紹介していきましょう。
ハイバックソファのデメリットは、「疲れやすいデザインのものがある」ことと「圧迫感がある」ことの2つです。

先ほど、頭や首まで支えてくれるので疲れないと書いておいて、なんで?
と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、ハイバックソファのデザインによっては、ハイバックであるせいで姿勢が崩せず、かえって疲れるものもあります。
特に背もたれがクッションになっていないタイプのものは、疲れやすいので要注意です。

もう一方のデメリットは「圧迫感がある」ことですが、先ほど紹介したように間仕切りで使えるほどですから、ハイバックソファは圧迫感があって当たり前です。
使いようによってはメリットになるポイントですが、部屋をすっきり見せたい、なるべく広く見せたいという方には、部屋が狭くみえてしまうハイバックソファは不向きです。

ハイバックソファを選ぶなら、快適さと部屋の雰囲気のどちらを重視するのか、よく考える必要があります。

スポンサーリンク
あなたはそのソファに満足していますか?

ソファはただ座るだけで満足ですか?
コストを抑えた海外で製造される格安ソファは、品質やアフターフォローなども心配ですよね。
価格で納得できたとしても、満足のいかない座り心地やデザイン、安全性、耐久性で我慢してしまっては全く意味がありません。

いくら安くてもすぐに買い替えることを考えたら、最初から何年にもわたって愛用できる高品質なソファの方が、無駄もなく断然お得なはず。
元インテリアショップ販売員の経歴を持つトワノス編集部メンバーが選ぶなら、やはり丈夫で長持ちする国産ソファがおすすめ。
その中でも長い間愛用できるソファはカーサカーサ(CASACASA)のクルー・ゼロシリーズです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事