マンション住まいの方がソファを購入した時に起こるトラブルのことをご存知ですか?
せっかく気に入ったソファを購入しても、些細なことが原因で買い替えなくてはいけなかったり、搬入で追加料金が発生したりすることもあります。
この記事では、元インテリアショップ店員の編集部メンバーが、よく起こるマンションへのソファ搬入トラブルなどを紹介します。

スポンサーリンク

よくあるマンションのソファ搬入トラブル

マンションへソファを搬入する写真

エレベーターが使えない

ソファを運んでも、エレベーターが故障中で使えないとか、そもそもエレベーターがないといった理由でソファが搬入できないケースがあります。
また、ソファが大きすぎてエレベーターに入れないというトラブルもあります。
搬入する日にエレベーターの点検作業とかぶっていないかやエレベーターのサイズを予め確認しましょう。

階段が狭くて通れない

ほとんどのマンションの場合、エレベーターがあるのでソファの搬入にはエレベーターを使用しますが、上のような理由で使えない場合は階段を使います。
ですが、階段が狭く、踊り場で曲がれない場合は階段も使えません。
また、重量のあるソファは、配送員の負担や危険も大きいため3階(場合によっては2階)より上の階には階段を使いません。
階段の横幅や踊り場の大きさを事前に確認しておきましょう。

クレーン車が置けない

エレベーターも階段も使えないとなった場合、最悪の場合はクレーン車を使って吊り上げ搬入を行います。
ですが、この方法は滅多に使われません。クレーン車を使って搬入する場合は、ベランダからの搬入になりますが、ベランダの前にクレーン車を横付けできないとそれも不可能です。
ベランダのある側に、花壇などがないか確認しましょう。
ちなみに、クレーン車手配は購入者負担です。階段やエレベーターで搬入できず、後日クレーン車での搬入となると、配送費2回分とクレーン車手配費用がかかります。

玄関から入らない

せっかく搬入できても、ギリギリで玄関のドアから入らないというショッキングなケースも稀にあります。
多くの場合は玄関のドアを外せば解決しますが、後々トラブルになっても困るため、配送員の方はあまりやりたがりません。
玄関の横幅は事前に測っておくべきですが、ドアを開けると若干幅が狭くなるので、測るときはドアを開けた状態で測りましょう。

廊下で曲がれない

中には、搬入したい部屋の直前の廊下で曲がれず搬入を断念。他の部屋に置くことになったというケースもありました。
こういったトラブルはごく稀ですが、実際に起こり得るトラブルです。廊下を無理に曲がったりすると、壁紙を傷つけてしまう可能性があります。
引越し業車は、すべての壁や柱にガードをつけてくれますが、家具の搬入ではそこまで行いません。廊下とギリギリの寸法で購入しないように、しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

搬入できないせいで、せっかく購入したソファを買い換える羽目になる方もいます。
そうならないためにも、事前に寸法確認は必須です。
また、ソファ購入する際に、分解できる組み立て式のソファを選ぶというのも賢い方法です。
分解できるなら、家の中で模様替えをするときにも困りませんし、引越しがあっても安心です。

分解できる組み立て式ソファならカーサーカーサがおすすめ

スポンサーリンク
あなたはそのソファに満足していますか?

ソファはただ座るだけで満足ですか?
コストを抑えた海外で製造される格安ソファは、品質やアフターフォローなども心配ですよね。
価格で納得できたとしても、満足のいかない座り心地やデザイン、安全性、耐久性で我慢してしまっては全く意味がありません。

いくら安くてもすぐに買い替えることを考えたら、最初から何年にもわたって愛用できる高品質なソファの方が、無駄もなく断然お得なはず。
元インテリアショップ販売員の経歴を持つトワノス編集部メンバーが選ぶなら、やはり丈夫で長持ちする国産ソファがおすすめ。
その中でも長い間愛用できるソファはカーサカーサ(CASACASA)のクルー・ゼロシリーズです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事