リビングに置くセンターテーブルって、どんなものを選んでいいのか迷ってしまいますよね。
実はリビングのセンターテーブルは、その家の人のセンスやインテリアへのこだわりが現れやすいところなんです。
「おしゃれ!」と言われるようなセンターテーブルを、人気のショップからトワノス編集部が厳選して紹介します。

スポンサーリンク

編集部が選ぶ!素材別おすすめのセンターテーブル

木のセンターテーブル

ナチュラル感を出したいなら、天板に木を使っているセンターテーブルがおすすめです。
木のセンターテーブルは、無垢材のもの、突板(つきいた)といってMDF材の表面に薄い無垢材を接着したもの、プリント化粧合板の3種類が主流です。
価格は無垢材のものが最も高く、プリント化粧合板を使用したテーブルが最もお値打ちです。
長く使いたいなら、無垢材がおすすめ!手入れをすれば、何十年も現役で使えます。
センターテーブル インダストリアル ヴィンテージ調
センターテーブル インダストリアル ヴィンテージ調

天板の脚はブラックスチールで、今流行りの男前家具。
加工された天然のパイン材の突板が使用されており、使い込んだヴィンテージが魅力。
和モダン・ラウンドローテーブル【MDK】(折りたたみ式)
和モダン・ラウンドローテーブル【MDK】(折りたたみ式)

昔ながらのちゃぶ台スタイルも、こんなテーブルならおしゃれに見える。
オーク材の突板を使用しているので、高級感のある質感に仕上がっている。和モダンなインテリアに最適。

ガラスのセンターテーブル

天板がガラスのテーブルの魅力は、なんといってもスタイリッシュな見た目!おしゃれインテリアを作りたいと思ったら、ガラステーブルを置くだけでも仕上がりが違います。
また、ガラステーブルは、天板が透けているため空間を広く見せる効果もあります。
狭さが気になる部屋にセンターテーブルを置きたいなら、ガラステーブルがおすすめです。
しかし、ガラステーブルは傷つきやすいのが難点です。細かい傷がつきやすく、使っているうちに購入時のような美しさは失われていきます。
傷がつくのを防ぐには、透明のビニールマットなどを同じサイズでカットし、常にかぶせておくのがおすすめです。

リビングテーブル【ノグチテーブル】(アッシュ)
リビングテーブル【ノグチテーブル】(アッシュ)

イサムノグチの普及の名作。
インテリア好きなら誰もが知るノグチテーブル。
まるで美術館にあるオブジェのような佇まいが印象的。
どんなインテリアにも溶け込むので、永久に使えるテーブルとして重宝しそう。
おしゃれな曲げ木&ガラストップ!リビングテーブル【MTF】
おしゃれな曲げ木&ガラストップ!リビングテーブル【MTF】

ガラスと天然木の組み合わせが可愛らしく、ナチュラルインテリアや北欧インテリアに合いそうなテーブル。
曲木加工された木材が特徴的で、優しい印象を与える。
曲木の部分には、リモコンなどリビングのちょっとした小物が置けるのも嬉しい。

石のセンターテーブル

大理石などが使われるテーブルは、高級感を出したい時に大活躍です。
石なので、かなり熱いものを直接置かなければひび割れなどもありません。
手入れも簡単ですが、少し重いことが難点。子供がいる家庭では、頭を打たないように注意が必要です。
立体感のある大理石のセンターテーブル Parm
立体感のある大理石のセンターテーブル Parm

天然大理石がまるっと使われている円形のセンターテーブル。
高さを変えることで単調な空間に動きを与えてくれる。
大理石の重厚感がありながらもそれを感じさせないのは、細い金属脚のおかげ。絶妙なバランスで、インテリアをワンランク引き上げてくれるセンターテーブル。

スポンサーリンク
あなたはそのソファに満足していますか?

ソファはただ座るだけで満足ですか?
コストを抑えた海外で製造される格安ソファは、品質やアフターフォローなども心配ですよね。
価格で納得できたとしても、満足のいかない座り心地やデザイン、安全性、耐久性で我慢してしまっては全く意味がありません。

いくら安くてもすぐに買い替えることを考えたら、最初から何年にもわたって愛用できる高品質なソファの方が、無駄もなく断然お得なはず。
元インテリアショップ販売員の経歴を持つトワノス編集部メンバーが選ぶなら、やはり丈夫で長持ちする国産ソファがおすすめ。
その中でも長い間愛用できるソファはカーサカーサ(CASACASA)のクルー・ゼロシリーズです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事