インテリア情報サイトTOWANOS(トワノス)をご覧いただきありがとうございます!
今回は、そろそろこのTOWANOS(トワノス)って誰が書いているの?と思われる方も出てきたんじゃないかな〜?(多分)と思い、編集部のメンバーを紹介させていただくことに!
どんな人が記事を書いているのか気になっている方もそうでない方も、一度読んでいただけると嬉しいです!

トワノスが込める想い

このサイトの名前にもなっている「TOWANOS(トワノス)」という名前は、永遠の巣という意味です。
できるだけ長く使えるよいファニチャーと出会ってほしいという思いや、インテリアを楽しんで、お気に入りの空間を作ってほしいという思いを込めてつけた名前です。

トワノスが扱うインテリアジャンルは、北欧やイタリアモダンが中心です。
特に北欧は「自然」がモチーフをしたり天然素材をしようしたりと、日本人の感性にとても馴染みやすい特徴があります。
『形あるものはいずれ壊れる』という言葉がありますが、長く時を共してきたファニチャーたちはやがて、思い出の詰まった素敵なアイテムになってくれるでしょう。
安く粗悪に作られたものも、流行りを追いかける上ではいいかもしれませんが、物を大切に使うという心を大切にしてもいいのではないか、現代に生きる中で忘れてしまいがちな気持ちを思い出すときがあってもいいのではないか、と思っています。

なんて、かっこつけたことを語ってしまいましたが、単にインテリア&かっこいい・かわいいファニチャー好きな人たちが集まって、好きなことをひたすら書いているというサイトです。

トワノス編集部メンバー紹介

オフィスの写真

トワノス編集部メンバーは全部で4人。
それぞれ個性のあるメンバーたちが、日々有益なインテリア情報を発信しています!

【編集長】斎藤ハジメ
インテリアオタクの編集長斎藤。
編集部唯一の男性で、編集長でありながらも女性陣には頭が上がらない。
頼りないと思われているが、決断力は編集部イチ。
年に数回できる男になる。
インテリアについて語り出すと長い。
【編集・ライター】 西田ネコ
DIY好きな編集ライター。
大手インテリアショップで毎月1,000万以上を売り上げた経験を持つ元インテリアショップ販売員。
ブライダルや家族向けのインテリア提案が得意。
プライベートでは一児のママ。
【ライター】プッチー伊藤
一人暮らし中の雑貨好き女性ライター。
自分の部屋を雑貨屋さんのようにするのが夢。
情報収集力に長けており、最新情報や流行に敏感。
西田ネコと組んで記事を執筆するトワノスの中心メンバー。
【ライター】池田チルコ
トワノス編集部の新人ライター。
ライターデビューがトワノスというチャレンジ精神溢れる平成生まれ。
彼氏と一緒にインテリアショップ巡りをするのが今年の目標と言いつつ、あまり頑張る気がなさそう。
編集長と共に、西田ネコによく叱られている。

このような愉快なメンバーがインテリアに関するお役立ち情報を更新中!

ご意見やご要望お待ちしております!

あなたはそのソファに満足していますか?

ソファはただ座るだけで満足ですか?
コストを抑えた海外で製造される格安ソファは、品質やアフターフォローなども心配ですよね。
価格で納得できたとしても、満足のいかない座り心地やデザイン、安全性、耐久性で我慢してしまっては全く意味がありません。

いくら安くてもすぐに買い替えることを考えたら、最初から何年にもわたって愛用できる高品質なソファの方が、無駄もなく断然お得なはず。
元インテリアショップ販売員の経歴を持つトワノス編集部メンバーが選ぶなら、やはり丈夫で長持ちする国産ソファがおすすめ。
その中でも長い間愛用できるソファはカーサカーサ(CASACASA)のクルー・ゼロシリーズです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事